開催中の特別展

ヴェネツィアガラスの水族館 -きらめく 海の宝石-

会期 2022年 5月 24日(火) ~ 9月 5日(月)

※最終日の9月5日(月)は16:00閉館となります。(最終入場は15:30まで)

ヴェネツィアは、アドリア海最深部のラグ―ナ(潟)の上に築かれた、運河が縦横に走る水の都です。約5万㎢にもなるラグーナは、“ヴェネツィアとその潟(Venice and its Lagoon)”として1987年に世界遺産に認定されています。
また、ラグーナは、河川の淡水と海流の塩水が合流する地点に存在していることから複雑な環境となっており、動植物の活動が非常に活発で、その為、様々な生態系が集中しています。

“水の都・ヴェネツィア”という特異な環境で生まれ育ち、海の恩恵を受けながらも、時に脅威を感じながら独自のライフスタイルを築いてきたヴェネツィアガラスの巨匠達。まるで今にも動き出しそうなヴェネツィアガラスの海の生き物は、自然と共存してきた巨匠達の豊かな感性と表現力、そして、伝統に培われた類い稀なる高度な技術によってもたらされた賜物です。
本展では、その技術に裏打ちされた繊細かつ優れたデザイン性の作品を、展示室を水族館に見立て一堂にご紹介致します。

ヴェネツィアガラスの伝統的な技法を取り入れながら、ヴェネツィアをとりまく豊かな自然からインスピレーションを受けた色鮮やかで美しい作品の数々を、どうぞお楽しみ下さい。

展示作品の一部