開催中の特別展

会期 2021年 5月 25日(火) ~ 2021年 9月 13日(月)
※6月30日まで休館となります。

展示作品のご紹介

 ヴェネツィアは、アドリア海最深部のラグーナ(潟)の上に築かれた、運河が縦横に走る水の都です。約5万㎢にもなるラグーナは、“ヴェネツィアとその潟(Venice and its Lagoon)”として1987年に世界遺産に認定されています。また、ヴェネツィアのラグーナには多くの島が点在し、小さな森や水辺に様々な鳥や昆虫が生息しています。
 海に囲まれたラグーナの島々で生まれ育ったガラス作家達は、ラグーナや海、自然と関わりが深い生活環境の中で過ごし、そこから創作の着想を得て生まれた作品は、生物の特徴をとらえ、本物以上にリアルな表現や独自のクリエイティブな発想が感じられます。
 本展では、ヴェネツィアガラスの伝統を現代に受け継ぎ発展させてきた“ヴェネツィアガラス界の巨匠”によって制作された、海の世界、森の世界の生き物たちを2部構成で展示致します。3階の第1部では、巨匠アルフレード・バルビーニ、ピノ・シニョレットによる「海の生物」、5階の第2部では、ヴィットリオ・コスタンティーニによる「昆虫・鳥」の繊細でリアルな作品の数々をご紹介致します。ヴェネツィアガラスの伝統的な技法を駆使し、ヴェネツィアをとりまく豊かな自然からインスピレーションを受けた色鮮やかで美しい作品を、どうぞご堪能下さい。

季節のテーブルコーディネート

四季折々の貴族の暮らしを豪華なテーブルコーディネートと共にご紹介しています。