会期 2017年 4月 11日(火)〜 6月 12日(月)

 

16世紀に最盛期をむかえた”レースガラス”は、ヴェネツィアの中でもムラノ島のみで制作され、その制作技法を決して島外に漏らすことを許されない門外不出の秘法として、優れた腕を持つガラス職人のみが代々受け継いできました。

乳白色の色ガラスで表現したレースの細やかな模様と美しさで、ヨーロッパ中の貴族を虜にし、豪華な宮殿を彩る装飾品として大流行したと言われています。

現代においても、模様の複雑さや制作の難しさから、美しく繊細な模様を作り出せる熟練した職人はほんの数名しか存在しません。

本展では、高度な熟練技術を要するガラス職人達が制作したグラスやコンポートなどを、レースガラスの三大技法ごとにご覧いただきます。中世貴族たちの憧れの的であったレースガラスが織りなす美の世界を、どうぞご堪能ください。


Lace glass is one of the most important Venetian glass technique and at the height of productionin the 16th century. Aristocrats all around Europe loved it. Many glassmakers outside of Venice tried to imitate, but it was impossible because it required extremely high technique. Master glass maker who can produce lace glass is very limited nowadays and our lace glass collection is precious treasure in the world.

At this exhibition, we display the masterpiece of lace glass according to the three kinds of techniques.
Please enjoy delicate and refined world of the Lace glass.

 

会期 2017年 4月 11日(火)〜 6月 12日(月)

小さな生き物の制作を得意とするヴェネツィアガラスの作家、ヴィットリオ・コスタンティーニによって作られた、実物大のリアルな昆虫の数々をご紹介致します。
 
ヴェネツィアの豊かな自然環境の中で育ち、生き物の観察やガラスの表現技法の研究を重ねたコスタンティーニは、繊細でリアリティのある作品を生み出します。

1点1点は手のひらに乗るほど小さな作品ですが、細部まで正確に表現され、今にも動き出すのではと思うほど生き生きとした印象を与えます。

初公開の新作「トンボ」もどうぞご覧ください。

 

We introduce tiny insects produced byVittorio Costantini, who is the genius of lampwork glass making. He had studied how to make little animals and developed his own thechniques to expressbeauty of natural creatures.
Each work is very small but produced accurately in detail, which look like they could alive at any moment !
"Dragonfly with lace glass", new collection, are introduced for the first time.

 

 

会期 2017年 2月 28日(火)〜 5月下旬
 
 

 
北一ヴェネツィア美術館の内容についてのご意見ご感想はvenezia-museum@kitaichiglass.co.jp又は
〒047-0027 小樽市堺町5-27 北一ヴェネツィア美術館 までお願い致します。